K−1ファイター発掘番組!格闘代理戦争!

AbemaTV主催のK−1ファイターを発掘する番組「格闘代理戦争」が始まろうとしている!

その詳細とは・・・

スポンサーリンク

格闘代理戦争とは魔裟斗、山本KID、小川直也、武尊と4人のレジェンドファイターと現役ファイターの発掘した人材でプロ契約と300万円トーナメントを争う!

魔裟斗が推薦する25歳の松村英明とはこの番組の魔裟斗にやるトライアウトを受けるために地方の仕事を辞め、挑戦してきた持ち主だ。

そんな松村を選んだ魔裟斗は「まず面白い試合が出来るだろうなってところと伸びしろもすごくあり、とにかくパンチが強いとコメント。

山本KIDが推薦するスソンはテコンドー出身で純粋なキックボクサーと山本KIDも「テコンドー出身だから他の選手とまた違うタイミングがあるから、そこが面白い。多分みんな、テコンドーの大技を期待してると思うし、それは実際すごいしそれだけじゃない。実はオーソドックスな、基本の戦い方っていうのも全然強い」。

小川直也が推薦した21歳、小倉拓実は柔道エリートで中学、高校と年代別大会優勝と経験を持つ、しかし立ち技、打撃系格闘技未経験とのことで今回、参加する選手の中で最も不利と言われている。

魔裟斗推薦の松村英明は「簡単にクロス合わせられそう、あれくらいなら簡単、おいしい相手」と対戦前から楽観的に分析している。

柔道からプロレス、総合格闘技へと転身を遂げた小川はネットワークを活かし小比類巻道場の門を叩きつつも、小倉の初のスパーリングは防戦一方と追い込まれ反則の柔道技を繰り出すと不安な結果に終わった。

現役選手の武尊が推薦するのが中嶋志津麻。現役高校生のキックボクシングのアマチュア実績があり、K-1のアマチュア大会での準優勝もしている。

武尊は「気持ちが強くて自分に似たタイプ。この中嶋の気の強さに注目してほしい」と中嶋、本人も「トーナメントは年上の選手ばかりですけど、10代の自分が全員倒して優勝します」と自信満々!

新生K-1のエースである武尊のプライドもあり「1000%優勝で」と中嶋にエールを送った。

トーナメント組み合わせ

松村英明(魔裟斗推薦)vs小倉拓実(小川直也推薦)
中嶋志津麻(武尊推薦)vsスソン(山本“KID”徳郁推薦)

まとめ

また面白い企画が始まりましたね!「代理」で戦う、勝負するなんてことは今まであったでしょうか?予想結果が全然つきません。またプロが選ぶ原石としても見方も変わるのでまた楽しみですね。