ロンブー・田村淳44歳で大学受験に挑戦!

バラエティー番組でおなじみのロンブー・田村淳さんが44歳になって大学受験に挑戦することが話題になってます!

AbemaTVで大学受験が発表され、芸能界引退?政界出馬?といろいろと噂が飛び交うなかで青山学院大学を受験とは全く予想がつかずそのきっかけとは・・・。

スポンサーリンク

きっかけはTSUTAYA!?

ロンハーの田村淳さんが青山学院大学を受験するとなったきっかけは?なぜ青山学院大学なにかはTSUTAYAにありました。

田村淳さんは東京に上京してきた時、原宿で一人暮らしをしていてその時にしていたアルバイトがTSUTAYAでした。

そのTSUTAYAが原宿から表参道を上がったところにあり、そこでアルバイトをしていた頃は同い年ぐらいの人が青山学院大学の方からよく来ていたみたいです。

田村淳さんは当時、レジうちをしていて「この人たちは青山学院大学の大学生なんだろうな、頭も良さそうだし、ファッションセンスも良いし、なんてキラキラしているのだろう・・・」と田村淳さんにとってすごく輝いているように見えてたと答えています。

当時の記憶から憧れだった青山学院大学を受験することになったみたいです。

学力にコンプレックス?

今回の取材で自分の力がどこまで通じるか?というコメントもありましたが田村淳さんは学力にコンプレックスを持っていたことが判明しました。

田村淳さんの偏差値は32ということもあり、しかもタイムリミットは100日とかなり無謀な受験ではありますが田村淳さんは「自分の力がどこまで通用するかわかりませんが、とにかく行ってみたいと思いました。100日間、全力で勉強して青山学院大学への受験を目指したいと思います」とコメントされてます。

2017年3月の自身のツイッターでも「中卒でも高卒でも優秀な人はいる。その逆も然り、学歴重視社会は終わって欲しい。人間力重視採用社会に変わって欲しい」と学歴についてつぶやいていました。

「外」に向かうきっかけ

「受験」まで活動の場を広げ、インターネットテレビで番組化すなど最近では地上波テレビ以外にも活動も積極的です。

2017年には本業以外にもアメリカに会社も設立しています。

きっかけは3年前にアメリカのシリコンバレーに訪問したそうです。そこでシリコンバレー周辺の会社や企業に訪問し話しを聞き始めました。

例えばFacebookで働いている人は仕事が終わるといろんな人、いろんな分野の人と会い、触れあい、そこで気づき得たことを仕事に生かしていた。そうすると自分の感性が豊かになり、会社もより豊かになっていくと聞きました。

まとめ

44歳で大学受験はすごいですね!年齢なんて関係ないと物語っていますね。

いろいろと挑戦する田村淳さんが今後も楽しみです。