櫨山(はぜやま)哲也容疑者の顔画像は?SNSで女子高生と知り合い、自宅で動画を撮影して児童ポルノを製造した!?

4月15日、女子高校生にわいせつな行為、児童ポルノ法違反などの疑いで、アルバイト、櫨山(はぜやま)哲也容疑者(35)が逮捕されました。

詳細はこちら。

スポンサーリンク

事件の概要

女子高校生にわいせつな行為をしたなどとして、埼玉県警鴻巣署は7日、児童ポルノ法違反などの疑いで、東京都渋谷区神山町のアルバイト、櫨山(はぜやま)哲也容疑者(35)を逮捕した。「間違いありません」と容疑を認めている。

 逮捕容疑は4月15日、SNSで知り合った埼玉県在住の女子高校生が18歳未満であることを知りながら、自宅でわいせつな行為をし、動画を撮影して児童ポルノを製造するなどしたとしている。

 女子高校生と両親が7月上旬に同署に被害を届け出ていた。

出典:産経新聞

櫨山哲也容疑者について

名前:櫨山(はぜやま)哲也

年齢:35歳

住所:東京都渋谷区神山町

職業:アルバイト

櫨山哲也容疑者の顔画像は?

櫨山哲也容疑者の顔画像は公開されているのでしょうか?

調査したところ顔画像は公開されていませんでした。

Facebookについても調べてみました。

本人のものなのかは分かりませんので、ここでの公開は控えさせて頂きます。

犯行現場

報道によると、櫨山容疑者は4月15日、SNSで知り合った女子高校生が18歳未満であることを知りながら、自宅でわいせつな行為をし、動画を撮影したとのことです。

調査したところ、場所は特定できませんでした。

スポンサーリンク

児童ポルノとは?

日本ユニセフ協会(UNICEFの民間協力団体)によると、準児童ポルノとは「被写体が実在するか否かを問わず、18歳未満の児童の性的な姿態や虐待などを写実的に描写したもの」と定義されており、具体的には「アニメ、漫画、ゲームソフトおよび18歳以上の人物が児童を演じる場合もこれに含む」とされている。日本の児童ポルノ禁止法の定義は非常に曖昧であり、もし日本ユニセフの要望通りに規制された場合、性交描写のみならず単なる裸ですら規制の対象内に入ってしまうおそれがある。

出典:Wikipedia

ネットの反応

・当然、35歳男が100%悪いのですが、
着いて行く子も問題ありですね

・SNSで知り合ったようなおじさんと、会うだけでも危険なのに家に行ったらどうなるかは高校生でもわかるでしょ!これは自分で防げた事件。

・こういうの多くなりましたね
35歳男が悪いのだろうけど、SNSで知り合った人間と安易に会ったり、パパ探しするような行為も犯罪を助長していると言われてもしょうがないと思う
加害者を生み出す被害者が増えていってる感じ

・こういうのは女子高生とその親もグルなんじゃないかなと思う。
金払わないなら警察に届けるみたいな。

男が悪いのは当たり前だけど、この女子高生とその親もどうかと思う。

・女子高生にも問題ありだろ。
何かしらの処分をすべきだと思う。

・女子高生と親にも問題がある。小遣い稼ぎで着いていって後で文句を言う。最初からわかっている話。普通の人はホイホイ見知らぬ人に着いていきません。

・女子高生も罰しなきゃこういう問題はなくならないよ。

・世の中の「危険」って触れたり見たりする前は宇宙人みたいに想像するしかないもんね。現実に経験しなくても良かったのに。かなり心にも傷を負ったと思うけど、自業自得としか…

出典:ヤフーニュース

まとめ

今回のニュースは、SNSで知り合った事件となりました。

ネットの反応でも厳しい意見が多かったです。

こういったSNSでの出会いが、現在は増えてきて一般的となりました。

しかし、トラブルや事件にならないように十分に注意が必要ですね。

スポンサーリンク