群馬県桐生市仲町でひき逃げ!ケガして倒れた人と、救護者をひき走り去る!犯人は?

18日、群馬県桐生市の路上で、けがをして倒れていた男性とその男性を助けようとした男性が車にはねられました。

車はそのまま走り去っていて、犯人は逃走中です。

詳細はこちら。

スポンサーリンク

事件の概要


 午前0時半ごろ、桐生市仲町の路上で、62歳の男性が頭から血を流して倒れているのを通り掛かった31歳の男性が見つけて警察に通報しました。

警察によりますと、その通報の最中に、片側1車線の直線道路を走ってきた白いワゴン車が2人に向かって突っ込んできたということです。

62歳の男性は車にひかれて左足の骨を折るなどの重傷、救助していた31歳の男性もはねられて腕にけがをしました。

白いワゴン車はそのまま逃げました。現場はJR桐生駅から東に約800メートルの住宅街で、警察が逃げた車の行方を追っています。

出典:テレ朝NEWS

犯人について

犯人は二人をひき、現在も逃走中で、警察が行方をおっています。

現在、わかっている情報は白いワゴン車ということです。

事件が起きた時刻として、午前0時半ごろと深夜で事件が起きた可能性としては

・暗くて見えづらかった

・スピードのだしすぎ

と可能性があると思われます。

また新しい情報が入り次第、追記していきます。

被害にあった男性2人について

・62歳の男性

なにかの原因で頭から血を流しており、救護者の男性とひかれ、左足の骨を折るなどの重傷

を負いました。

・31歳の男性

頭から血を流している男性を助けようとし、ひかれ腕にけがをしました。

スポンサーリンク

事件現場

報道によると、事件現場は桐生市仲町のJR桐生駅から東に約800メートルの住宅街です。

報道されていた画像を分析したところ、中文肉店の通りだと思われます。

出典:テレ朝NEWS

ネットの反応

・ひき逃げの罪を、もっと重くした方が良いと思います。
最近、ひき逃げのニュースが多いので、個人的には、そう思います。

・深夜~早朝のひき逃げって、ほぼ飲酒運転なんだろうね。
証拠が乏しくても、すべて危険運転を適用すればいいのに。

・飲酒運転の規制が厳しくなり、社会的制裁も拡大することによって、ひき逃げは増加している。
死亡事故に至らない場合の、ひき逃げの検挙率は意外に低い。
と言っても、飲酒運転の規制を緩めるのは論外だし、よりひき逃げの罰則を高めるしかないのかね?

・ケガをした男性を介助していた男性もひき逃げに遭う。犯人はどこを見取るんじゃ。ひき逃げ犯人を許せない。

・これは飲酒運転のひき逃げの可能性が高いと思う。
自動車の破片などが無いと検挙が難しそうだな。
防犯カメラに写っていることを願いたい。
飲酒運転やひき逃げの罰則を強化して欲しい。

・ひき逃げは理由を問わずに重罪にしないといけない。
そうでないと抑止力にならない!

・飲酒運転の罰則が強化されてから、ひき逃げが増加した印象があります。
ひき逃げの罰則は、今でも十分に厳しいですから、こちらも更に厳罰化したら、更にひき逃げ事故件数は増えそうです。

・ひき逃げの罪を重くするんじゃなくて、ひいてしまって、もきちんと通報・救護措置すればそれほど重罰にはならないことを広めた方が良い。
もちろん、酒・携帯など話は論外だけど。

・くそドライバーだな。自分の身を守るためにも深夜帯の外出は避けたほうが良いですね。ひき逃げされたら捕まるかどうかも難しいと思うので、ひき逃げ犯には死刑を適用してもらいたいほど腹ただしいよ。

出典:ヤフーニュース

まとめ

今回のニュースは、けがをして倒れていた男性とその男性を助けようとした男性が車にはねられましたニュースでした。

とてもびっくりですね。

ひき逃げだとしても、助けようとしている人を一緒にひいてしまうという・・・。

残念なニュースでありません。

少しでも早く、犯人が見つかることを願います。

スポンサーリンク