船戸結愛(ゆあ)ちゃん、食事をのみ込めなくなるほど衰弱していた。声を振り絞って母親に「もうご飯を食べられない」と・・・。

今年3月、東京都目黒区で虐待を受けた船戸結愛(ゆあ)ちゃんがなくなりました。

結愛ちゃんは亡くなる数日前、食事をのみ込めなくなるほど衰弱していました。

詳細はこちら。

スポンサーリンク

事件の概要

東京都目黒区で今年3月、虐待を受けた船戸結愛(ゆあ)ちゃん(当時5歳)が死亡した事件で、結愛ちゃんは亡くなる数日前、食事をのみ込めなくなるほど衰弱していたことが捜査関係者への取材でわかった。声を振り絞って母親に伝えていたという。今月6日に保護責任者遺棄致死容疑で逮捕された父親の船戸雄大被告(33)(結愛ちゃんへの傷害罪で起訴)は警視庁の調べに対し、黙秘を続けている。

 「もうご飯を食べられない」。捜査関係者によると、結愛ちゃんは3月2日に死亡する数日前、食事を与えようとした母親の優里容疑者(25)(保護責任者遺棄致死容疑で逮捕)に弱々しく話したという。

 結愛ちゃんの死因は低栄養などで引き起こされた肺炎による敗血症。あばら骨が浮き出るほどやせ、体重は5歳児の平均を約7キロ下回る12・2キロだった。

出典:読売新聞

結愛ちゃんの両親について

父のプロフィール

名前:船戸雄大(ふなとゆうだい)

年齢:33歳

住所:東京都目黒区東が丘1丁目サンハイム好の2F

職業:無職

出典:TOKYUO MX

母のプロフィール

名前:船戸優里(ふなと ゆり)

年齢:25歳

住所:東京都目黒区東が丘1丁目サンハイム好の2F

職業:無職

出典:TOKYUO MX

スポンサーリンク

結愛ちゃんのかわいい画像


引用;JNN

船戸雄大容疑者からは結愛ちゃんは奥さん(優里容疑者)の連れ子だったわけですが、それが原因なのでしょうか?

船戸優里容疑者のFacebookからはこのような写真の発見されています。

船戸優里の画像

出典:Facebook

亡くなった結愛ちゃんの写真が編集され投稿されています。

無邪気な笑顔でカメラに向うその表情はかわいいですね。

その裏には、どれほどの悲しさがあったのでしょうか?

ネットの反応

・この両親にも同じ目に遭わせたい

・お腹を痛めた我が子をなんで守れないのかな。
子供より男が大事なの?
かわいそうで泣けてくる。

・辛かったね。安らかに眠ってほしい。御冥福をお祈りします。

・可哀想すぎて、涙しかない。
子供を殺した親に対する法律が甘いのは何故?
おかしくないですか?
なんの力も持たない幼い子に……
法律を変えるべき。
これだけ多発しているのに変えないのは何故

・こんなにも幼い子が、色々な事を理解でき過ぎていて辛い。

・育てられないなら、産まないで。
子供が欲しくても出来ない人もいるのに。
刑は去勢にして欲しいです。

・両親は刑務所の中で食事を取れるのに…
しかも税金で。
三度の食事の前と就寝前にゆあちゃんの手紙を毎日朗読させてほしい。
残った息子も、事実を知らないうちに養子に出した方がいいと思う。

・正当防衛が成立するなら
両親に同じ目をあわせてあげたい。

出典:ヤフーニュース

まとめ

今回のニュースは、船戸結愛ちゃんがどれだけ衰弱していたかについてのニュースでした。

当時5歳の子供が、「もうご飯を食べられない」というほど衰弱するとは、とても想像がつかいないですね。

思うだけで、胸が痛くなります。

亡くなった船戸結愛ちゃんのご冥福をお祈りいたします。

スポンサーリンク