タイ北部チェンライの洞窟で、閉じ込められた少年らの救助活動にあたっていた男性が酸欠で意識を失い・・・。

タイ北部の洞窟で、閉じ込められた少年らの救助活動にあたっていた男性ダイバーが死亡しました。

詳細はこちら。

スポンサーリンク

事件の概要

タイ北部の洞窟で、閉じ込められた少年らの救助活動にあたっていた男性ダイバーが死亡した。
この男性は、海軍特殊部隊の元隊員だった。

海軍の特殊部隊が待機するテント。
仲間の死亡を受けて、テント内は重苦しい雰囲気に包まれている。

雨も降り始め、救助はさらに困難を極めているが、ダイバーたちは変わらず、救助に向けた作業を続けている。

軍の責任者によると、38歳のこの男性ダイバーは、洞窟内で少年らがいる場所まで空気ボンベを運び、潜水しながら戻る途中、酸欠で意識を失い、死亡したという。

狭い洞窟を潜水していた際に、空気ボンベのホースが何かに引っかかって外れてしまい、真っ暗で、水も濁っていたため、元に戻すことができなかったという情報もある。

タイ海軍・特殊部隊幹部は「子どもたちにとって、安全な方法を選ぶことを再確認したい」と話した。

当局は、少年1人につき、特殊部隊の隊員2人が付き添い、一緒に潜りながら外に出る方法を検討しているが、プロのベテランダイバーにとってさえ、洞窟での潜水が難しいことが、あらためてわかったことになる。

出典:FNN

出典:FNN

出典:FNN

出典:FNN

出典:FNN

出典:FNN

出典:FNN

救助活動にあたっていた男性について

名前:サマーン・グナン

年齢:38歳

住所:不明

職業:海軍特殊部隊・元隊員

サマーン・グナンさんの顔画像は?

サマーン・グナンさんの顔画像は公開されているのでしょうか?

調査したところ顔画像は公開されていました。

Facebookについても調べてみました。

本人のものなのかは分かりませんので、ここでの公開は控えさせて頂きます。

出典:FNN

スポンサーリンク

現場の洞窟

サッカーチームの少年らと監督が閉じ込められた洞窟は、タイ北部パホムポック国立公園内部にあるタムルアン洞窟です。

鍾乳洞の神秘的な雰囲気を求めて訪れる人も多い場所です。

9〜10月の雨季の間は、増水によって水であふれる場所としても知られています。

ネットの反応

・これはきついなぁ
プロ中のプロでもこうなってしまうなら
付け焼き刃のレッスンで子供を潜らせるのは無理だろう
ちょっと潜ってっていう距離じゃないことにびっくりした

・ついに死者が出てしまったか
こりゃ素人の子供達にはやっぱり無理じゃないか
死者が出たことは黙っていた方がいいな
知ったらパニックになって潜れなくなるだろ

・雨が降り出して最悪の状況になった場合は非人道的だが薬で救助者の身体活動レベルを下げた状態(意識を奪い心拍も下げる)で運送することも当然視野に入っていると思う。

・少年にダイビングをさせるという計画はとてもじゃないけど無理だな。

・笑顔を見せてた子供達もこの出来事で一気に笑えなくなってしまったな

・横穴も縦穴も掘れない潜水も困難となると、洞窟内に管を挿入するしかないのでは? カテーテルみたいに。堅い材質で大人が這って通れる太さの。

・ここまでの経歴を持つベテランでも命を落とす難関……
少年達にダイブを強いる無謀な計画を推す声の
歯止めになると良いのですが。

出典:FNN

まとめ

今回のニュースは、タイ北部の洞窟で、閉じ込められた少年らの救助活動にあたっていた男性が亡くなわれたニュースでした。

洞窟で水位が上がっているということで、救出が困難しています。

そんな中で犠牲者が出てしまいました。

どうにか、少年たちが無事に洞窟から出られることをお祈りいたします。

亡くなわれたサマーン・グナンさんのご冥福をお祈りいたします。

スポンサーリンク