渡辺康二郎さんの顔画像は?世界第2位の高峰の登頂に成功し、その下山中に・・・。

22日に、下山途中の標高8300メートル付近で渡辺康二郎さんが崖から滑落しました。

その後、25日の死亡したのがわかりました。

詳細はこちら。

スポンサーリンク

事件の概要

パキスタンと中国の国境にある世界第2位の高峰、K2(8611メートル)の登頂に成功した日本人の登山隊メンバー6人のうち、仙台市青葉区、会社員渡辺康二郎さん(41)が下山中に滑落し、死亡したとみられることが25日、わかった。登山隊を編成した「北日本海外登山研究会」(福島県郡山市)が取材に対し明らかにした。

 同会によると、登山隊は22日に登頂を果たしたが、下山途中の標高8300メートル付近で渡辺さんが崖から滑落したという。救助はできず、他のメンバーは24日までにベースキャンプに帰還した。

出典:読売新聞

渡辺康二郎さんについて

名前:渡辺 康二郎

年齢:41歳

住所:仙台市青葉区

職業:会社員

渡辺康二郎さんの顔画像は?

渡辺康二郎さんの顔画像は公開されているのでしょうか?

調査したところ顔画像は公開されていませんでした。

Facebookについても調べてみました。

本人のものなのかは分かりませんので、ここでの公開は控えさせて頂きます。

スポンサーリンク

K2とは?

K2(ケーツー)は、カラコルム山脈にある山。標高は8,611mで、エベレストに次ぐ世界第2位の高さである。パキスタンのギルギット・バルティスタン州(インドの主張によればインドカシミールのパキスタン占領地)と、中華人民共和国のウイグル自治区との国境に位置する。

K2という頭文字はKarakorum No.2 、つまりカラコルム山脈測量番号2号を意味する。

パキスタンの最高峰であり、カラコルム山脈の最高峰でもある。

出典:wikipedia

ネットの反応

・お家に帰るまでが登山です。
登頂より下山の方が危険。
力尽きたか、油断したのか分からないけど無念だろうね。

・緊張感と安堵感と疲労。登頂後が危ないとよく言われますね。

・天国から地獄。
他のメンバーも登頂成功を素直に喜べないな。

・K2行ったんだ!すごいなぁ。嬉しかっただろうなぁ。
でも生きて帰らなきゃ成功ではないですよね。一緒に行った方々やご家族の方、どれだけ辛く悲しいか…。

ご冥福をお祈りします。

・登頂できた喜びよりも、目の前で仲間を失った衝撃や悲しみ、キャンプに連れ戻せなかった無念さの方がこの先ずっと残るだろうな。

・K2って難しい山だと聞いてます。残念だ。

・登山は、行きも難しいけど帰りはもっと難しいと聞いた事があります。
ご冥福をお祈りします。

出典:ヤフーニュース

まとめ

今回のニュースは、世界第2位の高峰K2に登頂し、その下山中に崖から滑落してしまったニュースでした。

本当に登山は何があるかわかりませんね。

亡くなわれた渡辺康二郎さんのご冥福をお祈りいたします。

スポンサーリンク