増田治央さんの顔画像は?ヘッドランドの近く、遊泳禁止の場所で泳いで遊んでいた!?

8月19日午後、茨城県鉾田市の海岸で、水難事故が起きました。

8歳の娘を助けようとした夫婦が海に流され、父親の増田治央さんが死亡しました。

詳細はこちら。

スポンサーリンク

事件の概要

19日午後、茨城県鉾田市の海岸で、8歳の娘を助けようとした夫婦が海に流され、父親が死亡しました。

 19日午後2時40分ごろ、鉾田市の海岸で、群馬県から海水浴にきていた増田治央さん(55)が海に流された8歳の次女を助けようとして、(44)とともに流されました。

 警察によりますと、3人は近くでサーフィンなどをしていた人に救助され、妻と次女は無事でしたが増田さんは運ばれた先の病院で死亡が確認されました。

 「お父さんとお母さんが(娘を)助けに行った」(目撃者)
 「お父さんはちゃんと子どもをあげて、石に捕まってたけど、おそらく力尽きちゃったんだろう」(目撃者)

 現場の海岸はヘッドランドと呼ばれる人工の岬になっていて、海岸から沖合に流れる離岸流が発生しやすく、水難事故が多い場所だということです。

出典:TBS NEWS

出典:TBS NEWS

出典:TBS NEWS

出典:TBS NEWS

出典:TBS NEWS

出典:TBS NEWS

増田治央さんについて

名前:増田 治央

年齢:55歳

住所:群馬県

職業:不明

増田治央さんの顔画像は?

増田治央さんの顔画像は公開されているのでしょうか?

調査したところ顔画像は公開されていませんでした。

Facebookについても調べてみました。

本人のものなのかは分かりませんので、ここでの公開は控えさせて頂きます。

現場はここ

報道によると、19日午後2時40分ごろ、鉾田市の海岸で、増田治央さんが海に流された8歳の次女を助けようとして、とともに流されました。

調査したところ、正確な場所は特定できませんでした。

スポンサーリンク

ヘッドランドとは?

出典:http://www.pref.ibaraki.jp

ヘッドランドとは、海岸の砂の流出を防ぐために建設される人工岬のことです。

近年、河川から供給される土砂が減少したことや、海岸にできた構造物により砂の移動が妨げられた結果、砂浜の侵食が深刻化しました。

このため、砂の侵食を防ぐ目的で、昭和60年度から平成20年度にかけ、大洗町から神栖市までの海岸に33基のヘッドランド(パラソール型のみ。他に防波堤型が1基あります)が作られました。

出典:http://www.kaiho.mlit.go.jp

ネットの反応

・必死で子供を守ったんだね、、、
子供が助かって良かったけど、お父さんも助かってほしかったなぁ(涙)

・映像見るとかなりの荒波だけど。同じ状況か分からないが、よく娘を助けられたね。頑張ったんだと思う。しかしこの荒波、子供を遊ばせられる状況ではない。残念です。

・お気の毒だけど、子供を守りたいなら、そもそも危険な立ち入り禁止区域に入っちゃダメだよね…

・悲しい夏休みなっちゃいましたね。しかしここの場所では遊ばせちゃダメというのがあった気がする。ちゃんと守ってればなとも思ってしまう

・立ち入り禁止の所で遊んでたなら自業自得。亡くなったのは可哀想とは思うけど、歳いって出来た可愛い子どもがいるなら、安全な場所で遊ぼうと思うのが普通と思うけど。

・遊泳禁止区域で海水浴?
気の毒だけど禁止のところで遊ばせる神経がよく分からない

出典:ヤフーニュース

まとめ

今回のニュースは、遊泳禁止の場所での水難事故でした。

ネットの反応でも厳しい意見が多かったです。

なぜ、遊泳禁止の場所で泳いでしまうのでしょうか。

海をあまくみてはいけないです。

今後このような水難事故を防ぐためにも、離岸流のことなど知ってもらいですね。

亡くなわれた増田治央さんのご冥福をお祈りいたします。

スポンサーリンク