過去最高の時速235キロ爆走!白井良宗容疑者の顔画像と乗っていた車、チャレンジャーとは?

会社員の白井良宗(しらい よしむむ)容疑者は中央自動車道を時速235キロと過去最高の速度で爆走し、逮捕されました!

スポンサーリンク

事件の概要

 中央自動車道で法定速度を135キロ超える時速235キロで車を運転した疑いで、東京都世田谷区の会社員・白井良宗容疑者(41)が逮捕された。前方のナンバープレートを外したスポーツカーが、通称『オービス』に映っていて、所有者の白井容疑者が浮上した。白井容疑者はこれまでに、同じ車で5回以上の速度違反を繰り返しているという。容疑については「自分かどうかわからないので認めない」と否認している。

出典:http://news.tv-asahi.co.jp/

白井良宗容疑者について

名前:白井良宗(しらい よしむね)

年齢:41歳

職業:会社員

在住:東京都世田谷区世田谷1

法廷速度の時速100キロを大幅に超える時速235キロで暴走した容疑で逮捕されました。白井良宗容疑者はオービス(自動速度違反取締装置)に中指を立ててスピード違反を繰り返していました。

反省の色はなくニヤニヤし40代の成人男性とは思えない言い訳が「自分かどうかわからないのにみとめません」と答えています。

乗っていた車は?

白井良宗容疑者ですが、時速235キロ過去最高と言われるほど速い車とは、どのような車でしょうか?

その車はスポーツカーでもモンスター級と呼ばれる「チャレンジャー」

(排気量6400CC)とまさにモンスター級の「筋肉車代表」といわれるほどのスポーツカーです。

ダッチ・チャレンジャーとはアメリカの自動車メーカー、クライスラーがダッジブランドより販売しており、アメリカ史上最強量産エンジンを搭載するなど、アメリカだけでなく日本のアメ車ファンからも人気で支持されているマッスルカー(筋肉車)です。

白井容疑者は、このモンスター級のチャレンジャーの車種に乗っていたと思われます。

スポンサーリンク

まとめ

過去最高のスピード違反に中指を立てて反省の色がないということで世間の的となりました。

時速235キロで走っているのを想像するととても恐ろしいですね。

時速235キロで事故なんて起こしたら・・・。

法廷速度を守り、落ち着いて安全運転で運転しましょう!