長田栄治容疑者と相沢能崇容疑者の顔画像は?サケの腹を裂き、イクラだけを盗っていた!

22日、オホーツクの北海道・斜里町で、イクラおよそ60kgを不法に取り、所持していたとして、48歳の男2人が逮捕されました。

詳細はこちら。

スポンサーリンク

事件の概要



サケを密漁したとして、現行犯で逮捕されたのは、自称・釧路市の無職・長田栄治容疑者と、弟子屈(てしかが)町の無職・相沢能崇容疑者。

2人は、21日午前2時20分ごろ、斜里町の斜里川で、イクラおよそ60kgを不法に取り、所持していた。

この地域では、2017年もイクラの不法採取が2件起きていて、2018年に入ってからも、腹が裂かれたサケがこの川で確認されていたことから、警戒中の警察官が2人を発見し、逮捕したという。

調べに対し、2人は、容疑を認めている。

道立総合研究機構のまとめでは、2018年、道内でのサケの漁獲匹数は、2017年を2割ほど上回っているものの、魚体がやせ細り、重量はここ20年で最低で、警察は、販売目的の犯行だったとみて、2人の余罪などを調べている。

出典:FNN

出典:FNN

長田栄治容疑者と相沢能崇容疑者について

名前:長田 栄治

年齢:48歳

住所:釧路市

職業:無職

名前:相沢 能崇

年齢:48歳

住所:弟子屈(てしかが)町

職業:無職

長田栄治容疑者と相沢能崇容疑者の顔画像は?

長田栄治容疑者と相沢能崇容疑者の顔画像は公開されているのでしょうか?

調査したところ顔画像は公開されていまでせんした。

Facebookについても調べてみました。

本人のものなのかは分かりませんので、ここでの公開は控えさせて頂きます。

スポンサーリンク

犯行現場

報道によると、犯行現場は斜里町の斜里川です。

調査したところ、正確な現場は特定できませんでした。

去年も同じことが起きていた?

この地域では、2017年もイクラの不法採取が2件起きていたそうです。

出典:FNN

やはり、北海道では珍しくない事件なのでしょうか?

サケがよく捕れることによってこようなことが起きるとは悲しいですね。

ネットの反応

・被害額を弁償さして二人の腹を裂かねばいけないね。

・密漁は罰金刑なので、たまに捕まってもそれ以上に稼げるので痛くないそうです。密漁してた人が言ってました。
こんな事を犯罪人に言わせるのは情けないと思います。
刑をもっと重くするべきです。

・鮭に限らず、魚卵を含む魚は「親子揃ってこそ」商品価値があるものです。
魚卵は高値がつきやすく、特にイクラは価格の高騰が顕著であるが故の犯行は親鮭の商品価値も失わせる結果となり、密漁よりも悪質だと言わざるを得ません。

・これは警官もよく見つけたな。密漁者には厳しい罰則を。とんでもない量だぞこれ。

・密漁も許せないけど、さらに鮭本体の方は捨ててしまうというのがさらに許せない。

北海道らしい事件だな。

・泥棒には違いないが、腹裂き・・はあざとすぎない?。業者も普通に鮭の腹を裂いてイクラとっていますよ。

・イクラの不正採取のニュース毎年見るけど、本当に許せない
お母さんの身体裂いて、子供奪っていってるんでしょ・・・

・密漁は悪いとして、何でマスコミは犯罪の時は腹を裂きという表現で、北海道で水揚げされた鮭だと美味しそうなイクラが…になるのかね!

出典:ヤフーニュース

まとめ

今回のニュースは、サケの腹を裂いてイクラを盗るというサケの密猟でした。

このようなことが毎年起きているのであれば、もう少し対策などを強化してほしですね。

それにしてもイクラだけ盗ってサケは捨てると、理解ができません。

反省し、二度と同じことしないでもらいたいですね。

スポンサーリンク