小石琢也容疑者の顔画像は?公務執行妨害容疑で取り調べ中に意識を失い、死亡した!?

1日、午前5時20分ごろ、千葉市中央区栄町の路上で、駐車違反の取り締まり中に男が、意識を失い、搬送先の病院で死亡しました。

詳細はこちら。

スポンサーリンク

事件の概要

千葉県警千葉中央署は1日、公務執行妨害容疑で同日に逮捕した容疑者が取り調べ中に意識を失い、搬送先の病院で死亡したと発表した。同署は司法解剖をして死因を調べる方針。

 同署によると、死亡したのは住居、職業不詳の小石琢也容疑者(38)。同日午前5時20分ごろ、千葉市中央区栄町の路上で、駐車違反の取り締まり中に車を発進させ、県警自動車警ら隊の巡査長にけがを負わせたとして公務執行妨害の疑いで現行犯逮捕されていた。

 同署で取り調べ中に意識を失い、自動体外式除細動器(AED)ですぐに処置したが、午前9時半ごろ、搬送先の同市内の病院で死亡が確認されたという。

出典:産経新聞

小石琢也容疑者について

名前:小石 琢也

年齢:38歳

住所:不詳

職業:不詳

小石琢也容疑者の顔画像は?

小石琢也容疑者の顔画像は公開されているのでしょうか?

調査したところ顔画像は公開されていませんでした。

Facebookについても調べてみました。

本人のものなのかは分かりませんので、ここでの公開は控えさせて頂きます。

現場はここ

報道によると、現場は千葉市中央区栄町の路上です。

調査したところ、場所は特定できませんでした。

スポンサーリンク

AED(自動体外式除細動器)って何?

AEDとは、突然心臓が正常に拍動できなくなった心停止状態の心臓に対して、電気ショックを行い、心臓を正常なリズムに戻すための医療機器です。
突然心停止の最も一般的な原因である心室細動(VF)・心室頻拍(VT) の際に使用されます。突然心停止は事前の徴候や症状なく突然発生するケースも多く、いつどこで発生するか分からない恐ろしい症状です。

心筋の不規則な震えである心室細動・心室頻拍がおこると心臓から全身に血液を送ることができなくなり、回復しなければ死に至ります。心室細動・心室頻拍によって脳や臓器に血液が届かなくなる時間が長いほど、死亡と後遺症のリスクが高くなります。
したがって、突然心停止の発症後、直ちに心肺蘇生と除細動電気ショックを実施することが非常に重要です。

出典:https://www.aed.omron.co.jp

出典:https://item.rakuten.co.jp

A:Automated(自動化された)

E:External(体外式の)

D:Defibrillator(除細動器)

ネットの反応

・警察の対応に問題はなかったんじゃないかな

・重い心臓病とか糖尿病を持ってたのかな。

・拘禁反応って事もある。
どんな職質だったのか?で、逃走して怪我させて公務執行妨害。突然のトラブルで心の整理が出来てない場合、解離性の症状も出ます。
自分の気持ちを守るためからだの機能を止める事もある。

・昔の刑事さんはバンバン叩いたり、道場で絞め落としたりしてたみたいだけど今は、無いだろうしね。取り調べすべて録音の可視化しないと警察も疑われますよ。

・死因はなんだろうね。
他の死因であっても急性心不全になるのかな。

・逮捕時に何か犯人対してやっていなければ問題無いが警察官の不正や犯罪にミスも多いのできちんと死因等詳しく調査するべきです。

・警察官には、暴れてる人間を押さえるという意味で、制圧という言葉がありますが、胸を膝とかで取り押さえる時押さえたとかが原因では。後から症状出ますよ

・警察官の暴力で内臓破裂したのでしょうよ。警察官って結構見えないとこで殴ってるからね。これ本当です。

出典:ヤフーニュース

まとめ

今回のニュースは、駐車違反の取り締まり中に意識を失い、搬送先の病院で死亡したニュースでした。

何があったのでしょうか?

原因が気になりますね。

また新しい情報が入り次第、追記していきます。

スポンサーリンク