後閑匠海さんの顔画像、SNSは?灯籠にのぼって遊んでいたら、灯籠が落下し腹部を直撃!?

18日、群馬県高崎市の神社で、灯籠にのぼって遊んでいた中学1年生の男子生徒が、転倒した際に、折れた灯籠の先端部分が腹部を直撃し、男子生徒が死亡しました。

詳細はこちら。

スポンサーリンク

事件の概要


警察によると、18日午後8時過ぎ、高崎市の公民館の敷地内にある神社で、高さ2メートル80センチほどの灯籠にのぼって遊んでいた中学1年生の後閑匠海さんが、灯籠からおりようとしたところ、手にしていた先端部分が折れ、転倒したという。

その際、重さが53キロほどある灯籠の先端部分の石が、腹部を直撃し、後閑さんは搬送先の病院で亡くなった。

この日は、地元の35人ほどが公民館に集まり、20日と21日に開催される「榛名ふるさと祭り」の準備をしていて、後閑さんは準備の後、数人で神社で遊んでいたという。

後閑匠海さんについて

名前:後閑 匠海(ごかん たくみ)

年齢:13歳

住所:群馬県高崎市

職業:中学生

後閑匠海さんの顔画像、SNSは?

後閑匠海さんの顔画像は公開されているのでしょうか?

調査したところ顔画像は公開されていませんでした。

Facebookについても調べてみました。

本人のものなのかは分かりませんので、ここでの公開は控えさせて頂きます。

榛名ふるさと祭りのために、太鼓の練習できていた

報道によると、後閑さんは太鼓の練習で公民館に気ていたみたいです。

県警高崎署によると、後閑さんは20、21日に行われる「榛名ふるさと祭り」のため、公民館に太鼓の練習に来ていた。練習は午後8時ごろに終わり、稲荷神社で他の子供たちと遊んでいたという。

出典:産経ニュース

榛名ふるさと祭り

土曜は里見・室田の山車7台の巡行の山車祭りを中心とし、日曜日は獅子舞や子供御輿を中心としたお祭りです。

出典:http://www.takasaki-kankoukyoukai.or.jp

スポンサーリンク

事故原因は?

出典:日テレNEWS24

事故の原因はなんだったのでしょうか?

報道によると、高さ2メートル80センチほどの灯籠にのぼって遊んでいたおり、灯籠からおりようとしたところ、手にしていた先端部分が折れ、転倒したそうです。

重さが53キロほどある灯籠の先端部分の石が、簡単に落ちてくるのでしょうか?

よほど揺さぶるなどと、しない限り落ちないような気もします。

現場はここ

報道によると、現場は高崎市の公民館の敷地内にある神社です。

出典:日テレNEWS24

見た感じですと、公民館の敷地内に神社あり、ゲートボールなどができるみたいですね。

ネットの反応

・灯籠は遊具ではない

・神社の灯篭は神様の一部、それに乗って遊ぶなんて14歳にもなって

それを見ていた大人は居なかったのか
神社でそういう遊びをするのは不敬だと止めてやれば・・・・
でも中学生にもなってそんな遊びをする子供じゃ言われても聞かないか

・普通の子は神社の灯篭に登って遊んだりしない。
誰に教わるわけでもないが、自然と身につく常識だと思う。
若い命が失せたのは残念だが…罰当たりです。

・突然灯籠が倒れてきて…とかだったら可愛そうだなあと思って記事見たら、うーん。
中学生にもなって、危険予知能力がなさすぎるというかなんというか。

・気の毒だけど中学生で灯篭によじ登ったりとかはない。自分が小学生の時でもそんなのやってる子は見た事ないし、むしろバチが当たると思っていたが。

・先ずご冥福をお祈りします。
これぞ罰当たりというものです。中学生にして分別がつかなかったのであれば親の責任です。間違っても神社や自治体に責任を求める事が無いように望みます。

・今の子供たちは灯篭や墓石は倒れる可能性があるから危ないよって教えてもらっていないのかな・・・都会だとあまり出会わないかもしれないが。
ただ石が積んであるだけだから、針金なんかで補強していても一個一個の石が重いから体重がかかると倒れるよね。

・神社仏閣は古来人が集まるもので子供の遊び場でもあったはず。その中でルールを覚えていくのだと思いますが、いきなり公園に行く感覚でそこで遊んでいたとしたら、これは親に対する罰と見ても良いと感じます

出典:ヤフーニュース

まとめ

今回のニュースは、灯籠で遊んでいて灯籠の先が落ちて直撃し、中学生の男子が死亡したニュースでした。

とても悲しいニュースですね。

周りにいた大人も、まさか灯籠が落ちてくるとは思わないですね。

亡くなわれた後閑さんのご冥福をお祈りいたします。

スポンサーリンク