快眠につながる栄養素トリプトファン効果

幸せ物質と呼ばれるセロトニンをつくるだすトリプトファンで快眠生活!

その効果とは・・・

スポンサーリンク

トリプトファンに期待される5大効用

①不眠解消

トリプトファンが脳に運ばれると、ビタミンB6とともにセロトニンを生成します。セロトニンによる精神の安定と、夜になってメラトニンに変化することで快適な睡眠をうながしてくれます。アメリカではトリプトファンは天然の催眠剤として、その効果を期待する人々に人気があります。

②美肌効果

トリプトファンには、体内で発生した活性酸素を除去する作用もあることから、アンチエイジング効果も期待できます。若返りの薬ともいわれるメラトニンは、加齢とともに減少するとされますので、脳内のトリプトファン濃度をあげることで老化防止につながるともいわれます。

③鎮痛効果

トリプトファンが鎮痛剤としての作用があることを証明する実験が、アメリカのテンプル大学健康科学センターで行われました。あごに慢性的な痛みがある患者グループにトリプトファンを投与したところ、痛みの軽減だけでなく、歯に痛みが加えられた時の耐性も強くなったという報告があります。

④記憶力アップ

トリプトファンは神経伝達物質であるドーパミンやノルアドレナリンなども生成します。これらは、ホルモン調節にかかわり、気分を高めてやる気を出させる効果をもたらします。

⑤月経前症候群改善

トリプトファンをとることで、鎮静や神経の安定の作用が働くため、月経前のイライラや体調不良を改善できる効果があるともいわれます。そのほかに、コレステロール値や血圧の調整、性機能を高める、更年期障害の症状を緩和するなど、多くの効果が期待されています。

必須アミノ酸であるトリプトファンとは?

トリプトファンとは牛乳から発見された必須アミノ酸のひとつで、肉類や魚介類、乳製品など、様々な食品中のたんぱく質に含まれています。

食べ物から摂取せれたトリプトファンは、肝臓や腎臓で分解されることでエネルギー源としても利用されますが、脳に運ばれると、さらに健康的な効果を発揮します。それは、幸せ物質とも呼ばれるセロトニンを生成することです。

セロトニンとは、ドーパミンやノルアドレナリンと並んで三大神経伝達物質とも呼ばれる物質で、精神の安定や意欲などの感情をコントロールしています。ですので、セロトニンが不足すると、うつ状態や不安感などを引き起こすとされます。

さらに、セロトニンは睡眠ホルモンと呼ばれるメラトニンという物質に変化します。これは寝つきをよくしたり、眠りを深くしたりする作用があるため、セロトニン不足は睡眠障害も引き起こすのです。

セロトニンは日中にメラトニンに変化し、夜の9時くらいからメラトニンが分泌されはじめ、夜の11時くらいには眠気を感じるくらいにまで高まります。

ちなみに、睡眠障害を持つ男性を対象にトリプトファンを1日1g摂取させたととろ、睡眠障害が改善されたというデータもあります。

つまり、トリプトファンをとることで、セロトニンによる精神安定、メラトニンによる不眠解消といった効果が期待できるのです。