疲れに効く!鶏むね肉の効果、食べ方

脂肪燃焼、疲労回復、脳の老化防止と効果!

詳細はこちら・・・

スポンサーリンク

鶏むね肉の秘密

1、安くておいしい

あるスーパーでの価格は、国産の場合、鶏もも肉100g117円に対して、

鶏むね肉は100g57円。圧倒的に鶏むね肉の方が安いのです。

2、疲労回復

羽を動かす筋肉には、抗疲労成分のイミダペプチド多く含まれていることから、疲労をためにくくしたり、疲労感をとり除くのに最適な成分となっています。

3、脳の老化防止

イミダペプチドには脳の老化を防ぐ効果もあるとされてます。今後は、アルツハイマーを予防する食材としても注目を集めている。

4、快眠

鶏むね肉には快眠につながる代表的な栄養素トリプトファンも豊富に含まれている。

5、ストレス軽減

同じくトリプトファンの摂取で期待されることが、うつ病予防や精神の安定を保つことと言われています。

6、脂肪燃焼

鶏むね肉に豊富に含まれているたんぱく質は、筋肉増加につながり、基礎代謝がアップ、脂肪が燃焼しやすい身体となっていきます。

7、アンチエイジング

髪や爪を作るビタミンAに加えて、エネルギー代謝を促すビタミンB群も多く含まれているので、美容にも最適です。

スポンサーリンク

鶏むね肉ブームの秘密を解き明かす!

アスリートやダイエットをする人たちの間では、おなじみの食材である鶏むね肉。低脂肪・低カロリーで高タンパク、かつ値段的にも安いということで、お財布にも優しいヘルシー食材として親しまれてきました。とは言え、他の肉類に比べると水分が多く、脂肪が少ないという性質上、料理の仕上がりがパサパサしてしまったり、かたくなってしまうというマイナスなイメージがあり、手が出しにくいという方も多いでしょう。

しかし、近年では鶏むね肉に含まれるイミダペプチドが、疲労回復に最も好影響を与える成分として科学的に解明されたことから鶏むね肉ブームが訪れているのです。

オススメはスープ!

1日200mgのイミダペプチド摂取を2週間以上毎日続けると、より効果的だと言われています。鶏むね肉100gの中にはイミダペプチドが1223mg含まれますがすべてが吸収されるわけではありません。100gの鶏むね肉を食べると、吸収されるイミダペプチドは200mgほどで、1日に必要な量をとることができます。ちなみに鶏むね肉は、牛もも肉や豚もも肉などに比べてイミダペプチドを3〜5倍も多く含んでいます。また、イミダペプチドは熱にも強いので、唐揚げや蒸し鶏など、加熱する調理法での摂取でもまったく問題ありません。ちなみに、効果的に摂取するための調理法としては、肉汁まで丸ごと残さずに食べることのできるスープやシチュー、カレーなどがオススメです。

スポンサーリンク

まとめ

鶏むね肉がこんなにも栄養と効果があるとは驚きですね!